| HOME |  ベストポイント |  ブレーキパッド|  タイロッド| タイヤの選び方

 ブレーキパッドのチェックポイント

 スポーツタイプのブレーキパッド

 ブレーキのシステム

クルマを動かすことにおいて、スタートと同じくらい重要なのが減速機能だ。スピードダウンや停車をさせているのはブレーキ。 クルマの中でも重要なパーツなので車検の時でもがっつり見られますが、総走行距離が長いクルマなら約6ヶ月に一回は自分でもチェックしたい。 減速する中で最も消耗しやすいパーツはブレーキパッドです。

ブレーキローターを両方から挟み込み、クルマを止めるシステムですが、使うたびに少しづつ消耗していくパーツです。 運転者の年齢、ドライビングのテクによってもブレーキパッドの減り具合は大きく変わってくるが、早い人なら2万キロに1回、遅くても3万キロに1回程度は新品に交換したほうが安全でしょう。 マクラーレンなどではクルマにセンサー装置があり、ブレーキパッドの減り具合が目に見えるように工夫されています。

ここで注意したいのが、パッドを新品に交換をした時にセンサーを交換しない例。 中古車などを買う場合、お金をかけたくないためにブレーキパッドを新品に交換していない場合が結構あるので、自分の目でみてじっくりと確認したいポイントです。 ブレーキパッドの減り具合は、タイヤを外してキャリパーからブレーキパッドの隙間を見ればすぐにわかります。

交換費用
ブレーキパッド交換を独力でやっている強者さんもおられますが、4つ交換となると結構な作業時間で重労働となりますので、プロに頼んだほうがよいでしょうね。 交換費用はブレーキパッドパーツ代が4~5万円程度、工賃が1万円で計6万円前後となります。

基本的にノーマルタイプよりもスポーツタイプのブレーキパッドの方が減りが約3割ほど速いのが特徴です。

Copyright (C)    . All Rights Reserved.